東武スカイツリーラインの曳舟から分岐して支線として2両編成の電車が走る、東武亀戸線の撮影地ガイドです。全編成ワンマン対応の8000系の2両編成で、短い区間を走っています。沿線は下町風情があるのんびりとした路線です。駅には構内踏切の有る所もあります。
■亀戸線 撮影地ガイド (亀戸〜曳舟)



亀戸駅
上り(亀戸方面)※1番線入線 上り(亀戸方面)※2番線入線
オススメ度:★★★★★
場所:下りホーム先端曳舟寄り
順光:午後遅め
レンズ:自由
被り率:皆無
許容人数:10名くらい
 
亀戸線の有名撮影地。場所も広く被りも無く2両編成で行き来する列車の撮影が出来ます。 ※2番線到着は朝ラッシュの1本のみ
乗り換え:中央総武線

亀戸水神駅
下り(曳舟方面) 上り(亀戸方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:上りホーム先端亀戸寄り
順光:午前早め
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:上りホーム先端曳舟寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:2名くらい
駅自体がカーブしており、カーブで進入する列車を撮れる。望遠で撮ると前面を強調とした構図になる。 大きくカーブを描く構図で撮れます。編成が2両と短いので、望遠でうまくまとめる必要がある。
オススメ度:★★★★☆
場所:上りホーム先端亀戸寄り
順光:午前
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
 
上記の場所から標準・広角で撮影。カーブで進入してくる列車を編成全体収められます。  

東あずま駅
下り(曳舟方面) 上り(亀戸方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:上りホーム先端亀戸寄り
順光:無し
レンズ:自由・望遠
被り率:高い
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★★★
場所:上りホーム先端曳舟寄り
順光:午前遅め〜午後
レンズ:望遠
被り率:高い
許容人数:2名くらい
終日逆光気味になるので曇りの日をおすすめ。踏切を避けるには望遠が必要。 ダイヤの都合上被りは高いが、終日正面順光になる有名な撮影地。カーブ構図で撮影が出来ます。

小村井駅
下り(曳舟方面) 上り(亀戸方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:上りホーム先端亀戸寄り
順光:午前早め
レンズ:自由
被り率:普通
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★★★★
場所:上りホーム先端曳舟寄り
順光:午前遅め〜午後
レンズ:自由・望遠
被り率:普通
許容人数:2名くらい
終日逆光気味になるので曇りの日をおすすめ。ホーム端は狭いので少し下がって狙う。対向のホームが入ります。 午前遅め頃から長い時間順光で撮影出来る有名撮影地の一つ。前方に踏切があるので避ける場合は望遠が必要。

曳舟駅
下り(曳舟方面) 上り(亀戸方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:4番線ホーム中央付近
順光:午後遅め
レンズ:自由
被り率:普通
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:4番線ホーム中央付近
順光:午後
レンズ:自由
被り率:普通
許容人数:3名くらい
伊勢崎線浅草方面ホーム中央付近から、亀戸線の列車の撮影が出来ます。 伊勢崎線浅草方面ホーム中央付近撮影。発車待ちの亀戸線の撮影がお手軽に出来ます。
下り(伊勢崎・日光・鬼怒川方面)※伊勢崎線 上り(浅草・押上・中央林間方面)※伊勢崎線
オススメ度:★★☆☆☆
場所:下りホーム先端浅草寄り
順光:午前
レンズ:自由
被り率:時々
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:上りホーム先端伊勢崎寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:高い
許容人数:3名くらい
正面を中心に迫力ある入線を撮れますが、すぐ目の前に柱があるうえ、撮影場所は非常に狭い。 東武線浅草方面に向かう列車を主に撮影出来ます。6両編成収まりますが、後方が建物に隠れてしまいます。
オススメ度:★★★★☆
場所:上りホーム先端浅草寄り
順光:午前
レンズ:望遠
被り率:高い
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:上りホーム先端伊勢崎寄り
順光:午後
レンズ:自由・望遠
被り率:高い
許容人数:3名くらい
浅草方から来た東武線の電車を撮影可能。信号機等の設備を抜く為望遠が必要になる。6両編成が限界。 半蔵門線・田園都市線直通列車を主に撮影出来ます。引きで撮っても10両編成全体を入れられません。
オススメ度:★★★☆☆
場所:上りホーム先端浅草寄り
順光:午前
レンズ:望遠
被り率:時々
許容人数:2名くらい
 
半蔵門線・田園都市線方から来た列車を撮影可能。信号機が入り込む上、編成全体を入れるのは厳しい。  
乗り換え:東武伊勢崎線
  
サイトトップへ戻る 東武鉄道トップへ戻る