東北新幹線が出来るまでは、東北地区への特急や寝台特急がたくさん走っていた時もあり、新幹線開業後も札幌や北陸地域に向かう寝台特急もあり、昭和を感じる事が出来る宇都宮線(東北本線)。日中も草津、水上方面への特急や、日光方面へ向かう東武の特急なども見られます。
■宇都宮線 撮影地ガイド (上野〜黒磯)

























































上野駅
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(東京方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:13番線ホーム先端
順光:無し
レンズ:広角
被り率:皆無
許容人数:10名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:6番線ホーム宇都宮寄り
順光:午前〜午後早め
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
ホームに停車している所を気軽に撮影ができ、いつでも人がいます。編成全部は写りません。 注意書きがあるので完全な先端からは撮影は出来ない。その手前から望遠レンズで6番線に入る列車の撮影が出来ます。
オススメ度:★★★★☆
場所:14番線ホーム先端
順光:無し
レンズ:広角
被り率:ほとんど無い
許容人数:10名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:6番線ホーム宇都宮寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:2名くらい
14番線の大宮寄りから13番線の列車を撮影。柱が写り込みますが、夜行列車の始発駅『上野』を象徴する撮影地の一つです。 7番線に入る主に宇都宮・高崎線関連の列車を撮れます。引いて撮っても前から6両程度しか入らず、信号機が入り込みます。
オススメ度:★★★★☆
場所:15番線ホーム先端
順光:無し
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:10名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:8番線ホーム宇都宮寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:2名くらい
15番線の大宮寄りから16番線の特急を撮影。ホームに柱がある為、全編成を写す事は出来ない。 9番線に入る主に常磐線関連の列車を撮れます。完全な先端からではなく、10m下がって望遠で狙う。
  オススメ度:★★★☆☆
場所:10番線ホーム水戸寄り
順光:午前遅め〜午後
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
  10番線の水戸寄りから、9番線に入る上野東京ライン直通の常磐線を撮れます。前から6両が限界。
北行き(宇都宮線・高崎線・常磐線方面) 北行き(宇都宮線・高崎線方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:8番線ホームやや先端東京寄り
順光:無し
レンズ:望遠
被り率:皆無
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:4番線ホーム東京寄り
順光:午前〜午後早め
レンズ:望遠
被り率:時々
許容人数:3名くらい
先端から1両分程下がって望遠で狙う。6両程度までしか入りませんが、常磐線の特急の入線を撮る事が出来ます。 5番線に入る宇都宮線・高崎線直通列車を、大きくカーブを描く構図で撮れます。前から8両までが限界。
   
   
乗り換え:東北・上越・長野新幹線 ■京浜東北線 山手線 ■常磐線 上野東京ライン(一部、東海道線へ直通運転)
東京メトロ銀座線 東京メトロ日比谷線 京成本線(京成上野駅)

鶯谷駅(京浜東北線ホーム)
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:上野方面ホーム中程
順光:午後〜夕方
レンズ:自由
被り率:高い
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:上野方面ホーム宇都宮寄り
順光:午後〜夕方
レンズ:望遠
被り率:高い
許容人数:3名くらい
山手線9号車停止位置付近から宇都宮線列車を撮影。3両目〜4両目までしか入らず、京浜東北線と被る率が高いのでご注意。 高架橋の陰に隠れてしまいますが、15両編成写せます。京浜東北線や下り宇都宮線と被る事が多々あります。
オススメ度:★★☆☆☆
場所:上野方面ホーム中程
順光:午後〜夕方
レンズ:自由
被り率:高い
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:上野方面ホームやや大宮寄り
順光:午後〜夕方
レンズ:望遠
被り率:高い
許容人数:3名くらい
主に地平ホームから発車した特急列車等を撮れます。カーブしているので編成全体は収まりません。 山手線9号車停止位置付近から撮影。主に上野駅地平ホームに入る列車を撮影出来ます。
オススメ度:★★★★☆
場所:上野方面ホームやや大宮寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:高い
許容人数:3名くらい
 
上野駅地平ホームから出て来た、寝台特急の回送列車等を後追いで撮影出来ます。場所によっては架線柱が入り込んでしまいます。  
乗り換え:山手線

日暮里駅(常磐線ホーム)
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:常磐線ホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:超望遠
被り率:高い
許容人数:3名くらい
 
常磐線ホームの上野寄りから撮影。前方に柱があり距離があるので300mm越えの望遠が必要になる。  
オススメ度:★★★★☆
場所:常磐線ホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:超望遠
被り率:高い
許容人数:3名くらい
 
上記の場所から内側の線を走る主に回送列車が撮れます。数少ない寝台特急の推進回送も狙えます。  
乗り換え:京浜東北線 山手線 ■常磐線 京成本線 日暮里・舎人ライナー

西日暮里駅(京浜東北線ホーム)
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京方面)
   
※間に新幹線が走行 ※間に新幹線が走行
乗り換え:山手線 ■東京メトロ千代田線 日暮里・舎人ライナー

尾久駅
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午後〜夕方
レンズ:望遠
被り率:皆無
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:ホーム先端宇都宮寄り
順光:t午前遅め〜午後
レンズ:超望遠
被り率:普通
許容人数:2名くらい
架線柱が気になるがカーブを描いてホームに入線する所を撮る事が出来る。望遠でないと厳しい上、長編成も難しい。 先端に架線柱があり、許容人数は限られる上、300mm以上の望遠が必要になる。10両程度が限界。
下り(尾久車両センター) 上り(尾久車両センター)
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム中央辺り
順光:午前
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:10名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム中央辺り
順光:午前
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:10名くらい
尾久車両センターで入れ替えを行っている客車や機関車の撮影が可能。珍しい列車もいる事がある。 尾久車両センターで入れ替えを行っている客車や機関車の撮影が可能。珍しい列車もいる事がある。
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:10名くらい
 
尾久車両センターで入れ替えを行っている客車や機関車の撮影が可能。珍しい列車もいる事がある。  

王子駅(京浜東北線ホーム)
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
   
   
乗り換え:東京メトロ南北線 都電荒川線

東十条駅(京浜東北線ホーム)
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京方面)
  オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム中央付近
順光:午前早め
レンズ:自由
被り率:時々
許容人数:3名くらい
  ホーム両端には階段があり、カーブしているので撮影には向かない。中央付近から4両編成等の短編成向けの撮影地。

赤羽駅
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京方面)
オススメ度:★★☆☆☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:自由・望遠
被り率:皆無
許容人数:5名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:ホーム先端宇都宮寄り
順光:終日順光
レンズ:望遠
被り率:時々
許容人数:5名くらい
正面を捉えることが出来るが編成全部は写らない。ほぼ終日逆光なので、曇りの日をお勧め。 終日正面に光が当たる順光で、架線柱が気になるが都会らしい構図で収める事が出来る。京浜東北線に被られやすい。
  オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端宇都宮寄り
順光:終日順光
レンズ:自由
被り率:時々
許容人数:5名くらい
  引き気味で撮ると前から4両程度しか写らない。単機の機関車か、京浜東北線に被られた時の記録的な撮影には有効。
乗り換え:京浜東北線 埼京線 湘南新宿ライン

川口駅(京浜東北線ホーム)
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:自由
被り率:時々
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★☆☆☆
場所:ホームやや先端大宮寄り
順光:午後
レンズ:望遠〜超望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
京浜東北線ホームの上野寄り先端で撮影。大きくアウトカーブを描いて走行して来る所を撮影出来る。 京浜東北線ホームの大宮寄りのやや先端で撮影。望遠レンズ400mm(12倍程度)以上無いと、この様に撮る事は出来ない。
オススメ度:★★★★☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:望遠
被り率:時々
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホームやや先端大宮寄り
順光:午後
レンズ:自由〜望遠
被り率:普通
許容人数:5名くらい
上記の撮影場所より望遠で撮影。インカーブで走行して来る所を撮影出来るが、10両編成くらいまでしか入らない。 上記の場所から広角〜標準で撮影。先頭から4両程度しか入らないが迫力ある構図で撮れる。

西川口駅(京浜東北線ホーム)
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:望遠
被り率:高い
許容人数:5名くらい
オススメ度:★★★★★
場所:ホーム先端大宮寄り
順光:午前
レンズ:自由・望遠
被り率:高い
許容人数:5名くらい
午前の早いうちが順光で後は逆光になる。直線で走行写真が撮れるが、架線柱や高架橋が多少気になる。
ブルートレインを順光で撮る事が出来る超有名撮影地。多い日には20名以上の方がいます。京浜東北線との被りも高いので注意。
※2014年6月頃、センサーが設置されて、先端まで行くと「お下がりください」という音声が流れるようになりました。
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム中程
順光:午前早め
レンズ:自由・望遠
被り率:高い
許容人数:5名くらい
 
6〜7両程度の列車ならばホームのやや大宮寄り中央付近で撮影する事が出来る。  

蕨駅(京浜東北線ホーム)
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京方面)
オススメ度:★★★★★
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午後〜夕方
レンズ:望遠
被り率:高い
許容人数:5名くらい
オススメ度:★★☆☆☆
場所:ホーム先端大宮寄り
順光:午前
レンズ:自由
被り率:時々
許容人数:5名くらい
夏場、下り寝台特急を正面順光で撮る事が出来る超有名撮影地の一つ。京浜東北線との被りも高い。
※2013年2月頃、柵が出来て撮影困難になった様です。
午前中、正面順光で撮影出来るポイント。後方がカーブの為、広角レンズでは全編成は入らない。
オススメ度:★★★★★
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午後〜夕方
レンズ:自由
被り率:高い
許容人数:5名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端宇都宮寄り
順光:午前
レンズ:望遠〜超望遠
被り率:時々
許容人数:5名くらい
上記の場所より広角での撮影。6両編成程度であれば引きで撮影すると直線で撮影が可能。架線柱が無いのですっきりと撮れます。
※2013年2月頃、柵が出来て撮影困難になった様です。
望遠〜超望遠と使うとこの様に撮影出来る(250mm以上推奨)早朝上野方面の寝台列車などを撮影するのに向いている。
  オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:自由
被り率:時々
許容人数:5名くらい
  京浜東北線のホーム上野寄りから撮影。ホームと屋根が入り込むが、有名撮影地での撮影中に後方から来た列車の撮影に有効。

南浦和駅(京浜東北線ホーム)
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京方面)
オススメ度:★★☆☆☆
場所:ホーム中程
順光:午前早め
レンズ:望遠
被り率:高い
許容人数:5名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:ホーム先端宇都宮寄り
順光:午前
レンズ:自由・望遠
被り率:高い
許容人数:2名くらい
京浜東北線ホームの中程より撮影。架線柱とホームが気になるが編成全部を写す事が出来る。 京浜東北線ホームの大宮寄り先端で撮影。西川口と並ぶ早朝夜行列車の有名撮影地。京浜東北線との被りは高い。
乗り換え:武蔵野線

浦和駅
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:自由・望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:京浜東北線ホーム先端大宮寄り
順光:午前
レンズ:自由
被り率:普通
許容人数:3名くらい
架線柱が入ってしまうが、後方がカーブ構図になり、望遠で7両編成、広角側で引くと長編成も収められます。 京浜東北線ホームの大宮寄り先端で撮影。前方に信号設備があるので望遠でかわしても良いが、引いた方が編成全体が良く写る。
オススメ度:★★★★☆
場所:5番線ホーム先端新宿寄り
順光:午前早め
レンズ:望遠
被り率:時々
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:ホーム先端大宮寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
湘南新宿ラインのホーム新宿寄りから、望遠で宇都宮線大宮方面の列車が狙えます。ダイナミックなカーブ構図になります。 完成した宇都宮線浦和駅ホームより撮影。前方に信号設備がある為望遠で抜く。広角だと架線柱が入り込んでしまう。
  オススメ度:★★★★☆
場所:ホーム先端大宮寄り
順光:午後
レンズ:自由
被り率:普通
許容人数:3名くらい
  上記の場所から引いて撮影。架線柱が入り込むが、編成全体を収める事が出来ます。
乗り換え:京浜東北線 湘南新宿ライン

北浦和駅(京浜東北線ホーム)
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:5名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:ホーム先端大宮寄り
順光:午前
レンズ:自由・望遠
被り率:時々
許容人数:3名くらい
ほぼ終日逆光になるので曇りの日をお勧め。架線柱が気になるが長編成をゆったりと撮影出来ます。
※先端は関係者以外立ち入り禁止になった様です。
意外とマイナーな撮影地。正面に陽が当たるのは午前早め。10両編成までが限界。

与野駅(京浜東北線ホーム)
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:望遠
被り率:時々
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホームやや先端大宮寄り
順光:午前
レンズ:自由・望遠
被り率:時々
許容人数:2名くらい
側面順光は午前、正面順光は午後と完全順光になるのは難しい場所。なので曇りの日をお勧め。 そこそこ有名な撮影地。先端より2両分後方に下がって撮影。架線柱が気になるが、直線で長編成を撮る事が出来る。
  オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム中程大宮寄り
順光:午前
レンズ:自由
被り率:時々
許容人数:3名くらい
  意外とマイナーな撮影地。与野駅の中央階段付近から宇都宮線・高崎線の列車が撮影可能。

さいたま新都心駅
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午後
レンズ:自由・望遠
被り率:皆無
許容人数:5名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:京浜東北線ホーム先端大宮寄り
順光:午前早め
レンズ:自由
被り率:時々
許容人数:5名くらい
カーブから直線区間が短く5〜6両程度しか写らない。側面順光は午前、正面順光は午後なので、曇りの日をお勧め。 直線区間が短いので8両編成までしか入らない。ホームが写り込んでも気にならないという人は、広角で10両編成くらいまで写せる。
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:望遠〜超望遠
被り率:普通
許容人数:5名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:京浜東北線ホーム先端大宮寄り
順光:午前早め
レンズ:望遠〜超望遠
被り率:時々
許容人数:5名くらい
望遠から超望遠で捉えると、後部は切れてしまうが信号機や架線柱が気にならなければ、大きくカーブを描く構図で撮る事が出来る。 さいたま新都心駅に進入する前に、先頭正面で後方は緩やかなカーブで写せるが、300mm以上(約10倍)の望遠が必要になる。
   
   
乗り換え:京浜東北線

大宮駅
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:7番線ホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:1名くらい
オススメ度:★★★★★
場所:6・7番線ホーム先端高崎寄り
順光:午前遅め〜午後
レンズ:自由・望遠
被り率:普通
許容人数:5名くらい
屋根の無い付近から8・9番線に入る列車を望遠で狙う。長編成は後方が途切れてしまうので、10両編成までがベスト。 上野へ向かう東北地区からの夜行列車等の有名撮影地。臨時・団体列車などが来ると非常に混雑します。
オススメ度:★★★★☆
場所:8番線ホーム先端上野寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:自由・望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:3・4番線ホーム先端宇都宮寄り
順光:午前
レンズ:自由
被り率:皆無
許容人数:3名くらい
8番線ホームの先端から7番線に転線して入線する列車の撮影が可能。7両編成までがベスト。 高崎線の超有名撮影地から宇都宮線からの列車を撮影。前方に信号機が入るが被り無く撮影する事が出来ます。
オススメ度:★★★☆☆
場所:8番線ホーム先端上野寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:自由・望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:3・4番線ホーム先端宇都宮寄り
順光:午後
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
上記と同じ場所から8番線に入線する列車を撮影。正面を中心とした構図になる。 高崎線の超有名撮影地から宇都宮線の3番線に入線する列車を撮影。前方に信号機が入り、前から2〜3両程度しか入らない。
オススメ度:★★★☆☆
場所:8番線ホーム中程上野寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:自由
被り率:普通
許容人数:7名くらい
オススメ度:★★★★★
場所:6番線ホーム先端高崎寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:時々
許容人数:5名くらい
8番線ホームから7番線に停車する回送列車や試運転列車を撮影可能。ほとんどが停車するので安心して撮影が出来ます。 高崎線6番線ホームから宇都宮線の3番線に入線する列車を撮影。長編成もすっきり収める事が出来ます。
  オススメ度:★★★★★
場所:6番線ホーム先端高崎寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:時々
許容人数:5名くらい
  回送列車や5番線の中線に入線する列車の撮影が出来ます。長編成は後方が切れるので、短編成がお勧め。
オススメ度:★★★☆☆
場所:11番線ホーム先端宇都宮寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:自由
被り率:普通
許容人数:5名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:3・4番線ホーム先端宇都宮寄り
順光:午後
レンズ:自由
被り率:時々
許容人数:3名くらい
大宮駅で貨物列車等の撮影に有名なポイント。中線を通過していく貨物列車等をアウトカーブ構図で撮れます。 高崎線・及び宇都宮線からの5番線の中線に入線する貨物列車や回送列車の撮影が出来ます。
オススメ度:★★★☆☆
場所:12番線ホーム宇都宮寄り
順光:無し
レンズ:自由
被り率:皆無
許容人数:5名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:3・4番線ホーム先端宇都宮寄り
順光:午後
レンズ:自由・望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
大宮総合車両センターに入場、または出場や試運転等の列車が撮影出来ます。 大宮車両センターから出庫されて来て、7番線に入線する列車の撮影が可能。列車側面がよく撮れる。
  オススメ度:★★★★☆
場所:11番線ホーム先端高崎寄り
順光:午前
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:10名くらい
  大宮総合車両センターを出入りする列車の撮影が可能。編成が切り離されていたり、変わった編成を撮れる事も。
※その他貨物列車等の撮影地は、高崎線の撮影地ガイドもご参照ください。
乗り換え:東北・上越・長野新幹線 京浜東北線 ■高崎線 ■湘南新宿ライン ■埼京線 ■川越線 東武野田線
埼玉新都市交通ニューシャトル

北大宮駅(東武野田線ホーム)
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム中央付近
順光:午前早め
レンズ:自由
被り率:時々
許容人数:3名くらい
 
東武野田線北大宮駅ですぐ隣を走る宇都宮線の撮影が可能。架線柱などが入り込みやすいので、記録的な撮影程度に。  

土呂駅
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:望遠〜超望遠
被り率:普通
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★☆☆☆
場所:ホーム先端宇都宮寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
ホーム端は正面に大きな看板があり、撮影可能場所が限られている上、望遠が必要となる。 前方に架線柱があり編成も3両までしか入らない。またホーム端に正面に大きな看板があり、撮影出来る場所が限られる。
下り(東大宮操車場方面) 上り(大宮方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:望遠〜超望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:ホームやや先端宇都宮寄り
順光:午前遅め
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
大宮操車場に入場する回送列車の撮影が可能。珍しい列車も多く来る。前方に踏切と架線柱がある為、望遠で抜く必要がある。 大宮操車場から出てきた列車の撮影が可能。10両程度までなら綺麗に入るが、長編成は後方が途切れます。
  オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム中程
順光:午前遅め
レンズ:自由
被り率:時々
許容人数:5名くらい
  大宮操車場から出てきた手前を走る列車の撮影が可能。編成の長さに合わせて、立ち位置を変えると良い。

東大宮駅
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:望遠〜超望遠
被り率:皆無
許容人数:3名くらい
 
島式ホームで幅があるので被る事は無いが、長編成は後方が途切れます。6両程度の列車の撮影に最適。 ※電気関連の設備がある

蓮田駅
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:自由〜望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
 
後方の信号設備に引っかからないようにするには、撮影対象を6両編成くらいのを狙おう。気にならない人は15両編成も撮影可能。  
下り(宇都宮・黒磯方面)※中線 上り(上野・東京・新宿方面)※中線
オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム上野寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
 
完全な先端からでは撮影は出来ない。3両分程下がって中線に入線する列車を撮れます。終日逆光気味になる。  

白岡駅
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:上りホームやや先端上野寄り
順光:午前
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端宇都宮寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:時々
許容人数:3名くらい
カーブからの直線なので、6両編成までがベスト。先端からやや下がって撮影すると6両まで入る。 望遠を使って信号機を避けて撮影。短編成の貨物などに最適。ホーム先端が狭いので注意。
  オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端宇都宮寄り
順光:午後
レンズ:自由
被り率:時々
許容人数:3名くらい
  上記の場所から広角で撮影。編成に信号機が入るが、長編成も収められるそこそこ有名な撮影地。ホーム先端が狭いので注意。
  オススメ度:★★☆☆☆
場所:上りホーム先端宇都宮寄り
順光:午後
レンズ:自由
被り率:皆無
許容人数:2名くらい
  前方に架線柱と信号設備がある為、かなり撮影範囲が限られる。列車との被りの心配はないが、設備との被り率が高い。
下り(宇都宮・黒磯方面)※中線 上り(上野・東京・新宿方面)※中線
  オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端宇都宮寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
  通過列車を待避する列車や、中線に入る回送列車等の撮影が可能。6両以上はくねっとした感じになる。

新白岡駅
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★★★
場所:下りホーム先端宇都宮寄り
順光:午後
レンズ:自由
被り率:時々
許容人数:2名くらい
意外と穴場的な撮影地。大きくカーブを描いて入線して来る構図で撮影が可能。10両編成までが限界。 直線で長編成が撮れる有名撮影地。普段はそんなに混雑しないが、珍しいものが来る時は若干混む。夜行列車は被る率が高い。

久喜駅
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★★★
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:2名くらい
 
長編成は後方が途切れてしまう為、6両編成の特急や短い貨物列車の撮影に最適。ホーム先端は狭いので注意。  
オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:2名くらい
 
大きくカーブを描いて駅に入線する所を撮れるが、望遠じゃないとこの様に撮る事は出来ない。人もそんなにいない。  
下り(宇都宮・黒磯方面)※待避線 上り(上野・東京・新宿方面)※中線
オススメ度:★★★★☆
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:2名くらい
 
待避線に入る列車の撮影が可能。10両編成以上だと、後方が途切れてしまいます。  
乗り換え:東武伊勢崎線

東鷲宮駅
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
  オススメ度:★★★☆☆
場所:上りホーム先端宇都宮寄り
順光:午後
レンズ:自由
被り率:皆無
許容人数:2名くらい
  前方に架線柱と信号設備がある為、かなり撮影範囲が限られる。列車との被りの心配はないが、設備との被り率が高い。

栗橋駅
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:5名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端宇都宮寄り
順光:午後
レンズ:自由・望遠
被り率:皆無
許容人数:5名くらい
先端の柵の隙間から望遠で狙う。長編成は後方が途切れるが、カーブ構図で撮る事が出来る。逆光気味なので曇りの日をお勧め。 先端で撮影するよりも、ホーム宇都宮寄りの階段付近から撮影した方が、編成が綺麗に収められる。寝台特急の撮影に最適。
オススメ度:★★★★☆
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
 
穴場的な撮影地。前から8両程度しか入らないが、緩やかなアウトカーブ構図で撮る事が出来る。  
下り(栃木・東武日光方面)※東武線直通 上り(上野・新宿方面)※東武線から
   
   
乗り換え:東武日光線

古河駅
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★★★
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:自由・望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端宇都宮寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
2番線に入線する宇都宮方面の列車を緩やかなカーブ構図で編成全体収められる有名撮影地。貨物列車の撮影にお勧め。 直線区間が短いので7〜8両編成までしか入らない。6両編成の特急や、機関車の単機運行撮影向け。
オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端上野寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:自由・望遠
被り率:皆無
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端宇都宮寄り
順光:午前
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
夏場の夕方、東北・北海道方面の夜行列車も撮影可能な場所。被り無く長編成が撮影可能なので、貨物列車の撮影にもお勧め。 カーブ構図で撮影可能。前方に障害物があるので望遠で抜く必要があります。側線に保線車などがいる時があります。
下り(宇都宮・黒磯方面)※待避線 上り(上野・東京・新宿方面)※待避線
   
   

野木駅
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:自由・望遠
被り率:皆無
許容人数:5名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端宇都宮寄り
順光:午後
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:5名くらい
島式ホームなので場所はそこそこ広く、被り無く直線構図で長編成も収められます。終日逆光気味なので曇りの日をお勧め。 早朝の寝台列車を直線で撮影出来るポイント。ホーム先端も広く、のびのびと撮影が出来ます。

間々田駅
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:自由
被り率:皆無
許容人数:5名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端宇都宮寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
ほぼ終日逆光になってしまうので、曇りの日をお勧め。直線で長編成の列車の撮影も可能。 ゆっくりとカーブを描いて駅に入線して来る所を撮影出来ます。陽の長い時期の早朝の寝台列車の撮影にも向いています。

小山駅
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端上野寄り
順光:無し
レンズ:自由
被り率:皆無
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:上りホーム先端宇都宮寄り
順光:午前
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:5名くらい
ほぼ終日逆光になってしまうので、曇りの日をお勧め。望遠でインカーブでの構図も撮影が出来るが、かなり遠い。 午前中早い内が順光。長編成全部は入らない。この場所から短編成の貨物列車の撮影が可能。
乗り換え:東北新幹線 ■両毛線 水戸線

小金井駅
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
  オススメ度:★★★★☆
場所:上りホーム先端宇都宮寄り
順光:午前遅め
レンズ:望遠
被り率:皆無
許容人数:3名くらい
  角度は稼げないが、被る事が無いので安心して撮影が出来る場所。被りで失敗したくないという人は、ここに来る事をお勧め。
オススメ度:★★★☆☆
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
 
3番線ホームから2番線に入線する列車の撮影が出来ます。主に退避列車や折り返し列車になります。  

自治医大駅
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:超望遠
被り率:普通
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★☆☆☆
場所:ホーム先端宇都宮寄り
順光:午後
レンズ:自由・望遠
被り率:普通
許容人数:2名くらい
前方にある設備を交わす為、300mm以上(10倍ズーム以上)の望遠が必要になる。 前方に架線柱があり、撮影角度もあまり稼げない。短編成の列車の撮影には向いているが、長編成は厳しい。

石橋駅
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★★★
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:自由
被り率:普通
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端宇都宮寄り
順光:午後
レンズ:自由
被り率:普通
許容人数:2名くらい
夏場の陽の長い夕方頃走る寝台列車も撮影可能な場所。直線なので長編成の貨物列車の撮影も可能。 そこそこ有名撮影地。長編成を直線で撮影出来る唯一のポイント。寝台列車や貨物列車の撮影に最適。

雀宮駅
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★★★
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:自由・望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端宇都宮寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
中線に待避列車がいない限り被ることなく直線構図で撮影出来る場所。長編成の貨物列車も撮影可能。 間々田駅と似た感じの構図で撮影出来ます。長編成が緩やかなアウトカーブを描く構図にするには望遠レンズは必須です。

宇都宮駅
下り(黒磯方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:9番線ホームやや先端上野寄り
順光:午前
レンズ:自由・望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:9番線ホーム中程黒磯寄り
順光:午前
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:5名くらい
9番線ホームの先端まで行かず、やや下がって撮影。宇都宮止まりの列車や、貨物列車が撮れますが、ホームが入り込みます。 ホームが入り込みますが、9番線ホームのやや黒磯寄りから8番線に入線する列車の撮影が可能。。
   
   
乗り換え:東北新幹線 日光線 烏山線

岡本駅
下り(黒磯方面) 上り(宇都宮・上野・東京方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:自由・望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端宇都宮寄り
順光:午後
レンズ:自由・望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
長編成の貨物列車もやや左に構図を取れば収められますが、架線柱が入り込みます。 柵が入り込みますが長編成の貨物列車の撮影も可能。柵を抜く為には望遠が必要になります。
   
   

宝積寺駅
下り(黒磯方面) 上り(宇都宮・上野・東京方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:自由・望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端黒磯寄り
順光:午後
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:5名くらい
貨物列車等の長編成は広角で撮れば全体収まりますが、ホームも入り込みます。短編成は望遠でホームを避けて撮る。 ホームが入り込むが広角〜標準レンズで狙った方が良い。望遠で狙うと編成が圧縮され、更に架線柱がより目立つ。
オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
 
正面を中心とした構図で撮れます。貨物列車など機関車をメインに撮るにはおすすめ。  
下り(烏山方面)※烏山線 上り(宇都宮・上野・東京方面)
オススメ度:★★★★★
場所:下りホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:自由
被り率:皆無
許容人数:3名くらい
 
烏山線の列車を綺麗に収められます。下り本線から上り本線を渡って烏山線に入るので、被る事はありません。  
乗り換え:烏山線

氏家駅
下り(黒磯方面) 上り(宇都宮・上野・東京方面)
  オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端黒磯寄り
順光:午後
レンズ:自由・望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
  綺麗な直線構図で撮影が出来ます。長編成の貨物列車になると、編成後方がカーブで隠れます。
下り(黒磯方面)※中線 上り(宇都宮・上野・東京方面)※中線
オススメ度:★★★★☆
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:自由・望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
 
氏家駅の中線に入る列車の撮影が可能。主に試運転や貨物列車が退避します。  

蒲須坂駅
下り(黒磯方面) 上り(宇都宮・上野・東京方面)
オススメ度:★★★★★
場所:下りホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:自由・望遠
被り率:皆無
許容人数:5名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端黒磯寄り
順光:午後
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:5名くらい
有名撮影地の一つ。付近にも沿線での有名撮影地がある。ここでは10両程度なら直線で被り無く撮る事が出来る。 ロープが入り込みますが5両程度の普通列車ならば綺麗に収められます。長編成になると後方がカーブで隠れます。
  オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム後方上野寄り
順光:午後
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:5名くらい
  下り線の撮影地の場所から上り列車の撮影が出来ますが、柵も入り込んでしまいます。

片岡駅
下り(黒磯方面) 上り(宇都宮・上野・東京方面)
  オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端黒磯寄り
順光:午後
レンズ:自由
被り率:皆無
許容人数:3名くらい
  広角〜標準レンズで短編成の貨物列車などの撮影に向いている。望遠で踏切を避けようとすると、柵と架線柱が入り込む。

矢板駅
下り(黒磯方面) 上り(宇都宮・上野・東京方面)
  オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端黒磯寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
  手前に架線柱や設備等があるので望遠で避ける必要がある。長編成の貨物もなんとか入る。
  オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端黒磯寄り
順光:午後
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
  上記の場所より広角気味で撮影。架線柱やが入り込むが、短編成の列車の撮影は何とか出来る。
下り(黒磯方面)※中線 上り(宇都宮・上野・東京方面)※中線
   
   

野崎駅
下り(黒磯方面) 上り(宇都宮・上野・東京方面)
  オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端黒磯寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:5名くらい
  午後遅い時間から夕方にかけて順光。架線柱が入り込むが、長編成も綺麗に収められます。

西那須野駅
下り(黒磯方面) 上り(宇都宮・上野・東京方面)
   
   

那須塩原駅
下り(黒磯方面) 上り(宇都宮・上野・東京方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端黒磯寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:自由・望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
架線柱が入り込みますが、長編成の撮影も出来ます。標準から広角での撮影をおすすめ。 ホームが入り込みますが、長編成も撮影可能な場所。ホームを避ける場合は望遠が必要。
オススメ度:★★★☆☆
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
 
編成に架線柱が掛かるが、短編成の撮影に向いている。終日逆光気味になるので、曇りの日をおすすめ。  
乗り換え:東北新幹線

黒磯駅
下り(仙台方面) 上り(宇都宮・上野・東京方面)
   
   
下り(仙台方面) 上り(郡山方面折り返し列車)
  オススメ度:★★★☆☆
場所:4番線ホーム先端郡山寄り
順光:午前
レンズ:自由・望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:5名くらい
  郡山方面からの東北線の撮影が可能。2〜6両編成の列車が来ます。当駅を境に運転分離されています。
乗り換え:東北本線(福島・仙台方面)
  
サイトトップへ戻る JRトップへ戻る