上野-大宮間は宇都宮線と線路を共用し、大宮から熊谷を通り群馬方面に向けて高崎・前橋へ向かう、高崎線の撮影地ガイドです。上越新幹線が出来た現在でも在来特急や寝台特急、夜行快速列車など多くの優等列車が走り、沿線を盛り上げてくれています。また高崎から水上方面には首都圏で過去に活躍した列車や、休日には蒸気機関車が走るなど、見所が沢山あります。
■高崎線 撮影地ガイド (大宮〜高崎)










大宮駅
下り(高崎・新前橋方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:7番線ホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★★★★
場所:3・4番線ホーム先端高崎寄り
順光:午後早め
レンズ:自由・望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
屋根の無い付近から8・9番線に入る列車を先端から少し下がって望遠で狙う。長編成は後方が途切れてしまう。 超有名撮影地。新潟方面からの夜行列車や臨時列車が走る日にはかなり混雑する。
オススメ度:★★★★☆
場所:8番線ホーム先端上野寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:自由・望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:3・4番線ホーム先端高崎寄り
順光:午後早め
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
8番線ホームの先端から7番線に転線して入線する列車の撮影が可能。7両編成までがベスト。 上記の撮影地から7番線に入線する列車の撮影が可能。やや遠くになる為に望遠レンズは必要。
オススメ度:★★★☆☆
場所:8番線ホーム先端上野寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:自由・望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:6番線ホーム先端高崎寄り
順光:午後
レンズ:自由
被り率:普通
許容人数:3名くらい
上記と同じ場所から8番線に入線する列車を撮影。正面を中心とした構図になる。 宇都宮線の上り有名撮影地から高崎線上り列車を撮影。正面が中心とした構図になる。列車に近付き過ぎないよう注意。
  オススメ度:★★★☆☆
場所:8番線ホーム高崎寄り
順光:午後
レンズ:自由
被り率:普通
許容人数:3名くらい
  7番線に入る東大宮操からの列車や、成田エクスプレス、高崎線方面から来る列車を撮影出来ます。
※その他貨物列車等の撮影地は、宇都宮線の撮影地ガイドもご参照ください。
乗り換え:東北・上越・長野新幹線 京浜東北線 宇都宮線 湘南新宿ライン ■埼京線 川越線 東武野田線 
埼玉新都市交通ニューシャトル

宮原駅
下り(高崎・新前橋方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:無し
レンズ:自由
被り率:普通
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★★★
場所:上りホーム先端高崎寄り
順光:午後早め
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
10両編成の列車までなら何とか入るが、架線柱や信号機が入り込む。望遠を使えば交わせるが、編成は短くなる。 高崎線の有名撮影地の一つ。大きくカーブを描いた構図で撮れます。撮影制限がされて、ロープが張られたようです。
  オススメ度:★★★★★
場所:下りホーム先端高崎寄り
順光:午後早め
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:5名くらい
  こちらも有名撮影地で、下り側からでは信号機が入り込んでしまうが、迫力あるカーブ構図で撮れる。

上尾駅
下り(高崎・新前橋方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端上野寄り
順光:無し
レンズ:自由
被り率:普通
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端高崎寄り
順光:午後
レンズ:自由
被り率:皆無
許容人数:3名くらい
終日逆光気味になるので曇りの日をおすすめ。正面を強調とした構図になる為、編成全体は入らない。 踏切の設備が入り込むが、直線で駅に進入して来る所を撮影出来ます。上り線と離れていますので被る事はありません。

北上尾駅
下り(高崎・新前橋方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★★★
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:無し
レンズ:自由
被り率:普通
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★★★★
場所:下りホーム先端高崎寄り
順光:午後
レンズ:自由
被り率:普通
許容人数:2名くらい
高崎線の有名撮影地の一つ。上りと構図が似ているが、こちらは終日逆光なので曇りの日をお勧め。臨時列車などの日は混む。 高崎線の有名撮影地の一つ。下りと構図は似ている。長編成でもすっきりと直線で収められるので、貨物の撮影にも最適。

桶川駅
下り(高崎・新前橋方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
  オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端高崎寄り
順光:午後
レンズ:自由・望遠
被り率:皆無
許容人数:3名くらい
  ホーム先端の途中で柵があるので完全に先端まで行けない。なので望遠が必要になる。広角ではホームが写り込んでしまう。

北本駅
下り(高崎・新前橋方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端高崎寄り
順光:午後
レンズ:自由・望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
信号機が入り込んでしまうが、12両編成までなら何とか撮影可能。信号機を入れず望遠の場合は、8両程度しか入らない。 しゃがんで柵の隙間から狙う。長編成は後方が途切れます。広角側だと対向のホームが入るので望遠がおすすめ。

鴻巣駅
下り(高崎・新前橋方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
  オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端高崎寄り
順光:午後
レンズ:自由・望遠
被り率:皆無
許容人数:3名くらい
  上下線でホームの位置がずれているのでこの様な構図になる。望遠を使うと前方の信号に引っかかってしまう。

北鴻巣駅
下り(高崎・新前橋方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:自由・望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:ホーム先端高崎寄り
順光:午後早め
レンズ:自由・望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
早朝は逆光になるので朝の臨時列車等は曇りの日をお勧め。手前に看板があるので望遠で抜いた方が良いです。 意外とマイナーな撮影地。緩やかなカーブを描いて駅に進入して来る所を撮影出来ます。10両編成くらいが限界。

吹上駅
下り(高崎・新前橋方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★☆☆☆
場所:下りホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端高崎寄り
順光:午前遅め〜午後早め
レンズ:自由・望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
障害物が多い中からの撮影となり、角度が稼げない。また、前方には信号機が写り込んでしまう。 前方に信号機と柵があるので、しゃがんでその隙間から狙う。5両目以降が隠れます。
オススメ度:★★★☆☆
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端高崎寄り
順光:午前遅め〜午後早め
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
信号機が入り込んでしまうが10両編成までなら直線で収める事が出来る。場所が狭いので後方からの列車には注意。 上記の場所から少し左側にずれて撮影。架線柱や信号機が入り込みますが、2番線に入る待避列車の撮影が出来ます。

行田駅
下り(高崎・新前橋方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:自由
被り率:普通
許容人数:5名くらい
オススメ度:★★★★★
場所:ホーム先端高崎寄り
順光:午後
レンズ:自由・望遠
被り率:普通
許容人数:5名くらい
長編成を直線で撮影出来ます。前方の信号設備が写り込むのが気になる方は、望遠で抜いた方が良い。 有名撮影地の一つ。長編成の列車も広角でカバー出来るが、後方が被る事がある。ホームも広いのでのんびりと撮影出来ます。

熊谷駅
下り(高崎・新前橋方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端上野寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:望遠〜超望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:上りホーム先端高崎寄り
順光:午前早め
レンズ:自由
被り率:皆無
許容人数:3名くらい
高崎方面ホームの上野寄りから撮影。新幹線の橋脚を抜く為、超望遠レンズが無いと厳しい。。 10両編成くらいまでしか写らないが、被りなく安心して撮影が出来る。午後になると新幹線の橋脚で影が出来てしまう。
乗り換え:上越・長野新幹線 秩父鉄道線

北熊谷駅(秩父鉄道線ホーム)
下り(高崎・新前橋方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
   
   
秩父鉄道線

籠原駅
下り(高崎・新前橋方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:自由
被り率:普通
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:上りホーム先端高崎寄り
順光:午後早め
レンズ:自由・望遠
被り率:皆無
許容人数:2名くらい
先端は狭いので後方から発車する列車には十分注意。長編成は後方が隠れる。側面順光は初夏の早朝くらいになる。 信号機が左側に入るが、直線で編成全体を収められます。前方の橋を交わすには望遠が必要。増結用の5両編成入線も撮影可。
  オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端高崎寄り
順光:午後早め
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
  下りホーム高崎寄り先端から撮影。信号機が入り込む。もっと望遠を効かせれば交わせられるが、正面が橋の陰に隠れる。

深谷駅
下り(高崎・新前橋方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:自由・望遠
被り率:普通
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端高崎寄り
順光:午後早め
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
そこそこ有名な撮影地ではあるが編成後方に信号機がかかる。長編成になると、編成後ろ部分に高架橋の影が入る。 上下線が離れているので、ホーム先端でなくても屋根部分から望遠で狙う事も出来る。信号機と架線柱が入る。

岡部駅
下り(高崎・新前橋方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:上りホーム中程上野寄り
順光:午前早め
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:上りホーム先端高崎寄り
順光:午後
レンズ:自由
被り率:皆無
許容人数:3名くらい
屋根のある所から望遠で狙う。8両編成などは架線柱が入り込まずに、編成を綺麗に収められます。終日逆光気味。 お気楽に撮れる撮影地。ホーム幅も広いので安心して撮影出来ます。前から8両程度までが限界。
オススメ度:★★★★☆
場所:上りホーム中程上野寄り
順光:午前早め
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
 
上記の場所から引いて撮影。ホームが入り込むが長編成を収める事が出来ます。  

本庄駅
下り(高崎・新前橋方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端高崎寄り
順光:午前遅め〜午後
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
前方に架線柱があるので望遠で避ける。15両までなら収まります。引きで撮ると、架線柱が入り込みます。 高崎方面ホームの先端高崎寄りから撮影。前方の信号機などが入り込むが、緩やかなカーブ構図で撮影が出来る。

神保原駅
下り(高崎・新前橋方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:自由
被り率:皆無
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端高崎寄り
順光:午前遅め〜午後
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
前方に信号機と架線柱があるのでうまく交わす。編成に架線柱はかかるが長編成も全体を収められます。 午後順光の有名撮影地の一つ。前方に踏切があるので、避けたい場合は望遠レンズを使う。引き気味に撮ると踏切も入ります。
オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端上野寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
 
上野方面ホームから撮影。架線柱を避けるには望遠が必要になる。長編成の貨物列車も収められます。  
オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端上野寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
 
上記の上野方面ホームから標準レンズで撮影。架線柱がかかりますが、10両程度なら綺麗に収められます。  

新町駅
下り(高崎・新前橋方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端上野寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端高崎寄り
順光:午前遅め〜午後
レンズ:自由・望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
ホーム先端の柵のわずかな隙間から撮影。広角だと沢山の障害物が入り込むので望遠を使おう。向かってくる列車に注意。 意外とマイナーな撮影地。長編成を直線で撮影出来るので貨物列車の撮影に最適。広角だと上りのホームも写り込んでしまう。

倉賀野駅
下り(高崎・新前橋方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端上野寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:5名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端高崎寄り
順光:午前遅め〜午後
レンズ:自由・望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
ホーム先端が広いのでゆったりと撮影が出来る。短編成の貨物や八高線の撮影に向いている。屋根が無いので雨の日は注意。 長編成を直線で撮影出来るので貨物列車の撮影に最適。広角でも望遠でも上り線のホームは写り込んでしまう。
下り(高崎・新前橋方面)※貨物線 上り(上野・東京・新宿方面)※貨物線
   
   
乗り換え:八高線

高崎駅
下り(前橋・水上方面) 上り(上野・東京・新宿方面)
  オススメ度:★★★★☆
場所:4番線ホーム先端渋川寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:5名くらい
  7番線に入線する列車を4番線ホームの先端から撮影。側面を強調した構図で撮影が出来る。
オススメ度:★★★☆☆
場所:3番線ホーム先端上野寄り
順光:無し
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
 
頭端式の八高線ホーム側から撮影。4番線に入る上野方面からの列車や、高崎の車庫から出庫した下り列車が撮れます。  
オススメ度:★★★☆☆
場所:5番線ホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:4番線ホーム先端渋川寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:5名くらい
ホームが入り込むが3番線に入る高崎線の列車の撮影が可能。短編成なので、広角〜標準がおすすめ。 5番線に入線する列車を4番線ホームの先端から撮影。長編成は後方が写らないので、5両編成までがベスト。
  オススメ度:★★★★☆
場所:5番線ホーム先端渋川寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
  5番線に入線する列車を5番線ホームのやや先端から望遠で撮影。角度的に正面を強調した構図になる。
下り(前橋・水上方面)※側線 上り(上野・東京・新宿方面)※側線
オススメ度:★★★☆☆
場所:2番線ホーム中程
順光:無し
レンズ:自由
被り率:時々
許容人数:10名くらい
 
旧1番線と2番線の間にある中線に入線する列車の撮影が可能。珍しい機関車や試運転列車などが撮れる。  
乗り換え:上越・長野新幹線 上越線 両毛線 ■信越本線 ■吾妻線 ■八高線 上信電鉄
  
サイトトップへ戻る JRトップへ戻る