その昔東北本線のバイパス機能として施設された上野から仙台を結ぶ常磐線の撮影地ガイドです。JRの在来線では最速の130km/h運転を行ったり、取手-藤代間での電源切り替えによる車両の使い分けなど、多種多様な特急型、通勤型の車両が走っています。本サイトでは上野-勝田間を中心に公開しております。
■常磐線快速 撮影地ガイド (上野〜土浦・水戸)










































上野駅
下り(取手・水戸・いわき方面) 上り(上野方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:17番線入谷中央改札付近
順光:無し
レンズ:自由
被り率:皆無
許容人数:10名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:12番線ホーム先端水戸寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
出発待ちをする常磐線の特急列車を撮影可能。場所によって様々な角度から撮れるので、自由な構図でどうぞ。 12番線に入線する常磐線快速電車を撮影出来ます。15両編成は後が途切れてしまいます。上野東京ラインはここを走りません。
  オススメ度:★★★☆☆
場所:10番線ホーム先端水戸寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
  12番線に入線する常磐線快速電車を撮影出来ます。15両編成は後が途切れてしまいます。上野東京ラインはここを走りません。
下り(宇都宮線・高崎線・常磐線方面) 上り(東京・品川方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:8番線ホームやや先端東京寄り
順光:無し
レンズ:望遠
被り率:皆無
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:8番線ホーム宇都宮寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:2名くらい
先端から1両分程下がって望遠で狙う。6両程度までしか入りませんが、常磐線の特急の入線を撮る事が出来ます。 9番線に入る主に常磐線関連の列車を撮れます。完全な先端からではなく、10m下がって望遠で狙う。
  オススメ度:★★★☆☆
場所:10番線ホーム水戸寄り
順光:午前遅め〜午後
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
  10番線の水戸寄りから、9番線に入る上野東京ライン直通の常磐線を撮れます。前から6両が限界。
乗り換え:東北・上越・長野新幹線 ■京浜東北線 山手線 ■宇都宮線 上野東京ライン(一部、東海道線へ直通運転)
東京メトロ銀座線 東京メトロ日比谷線 京成本線(京成上野駅)

鶯谷駅(京浜東北線ホーム)
下り(宇都宮・黒磯方面) 上り(上野・東京・品川方面)
  オススメ度:★★★☆☆
場所:上野方面ホーム大宮寄り
順光:午後〜夕方
レンズ:自由
被り率:高い
許容人数:3名くらい
  大宮寄りから1〜2両分下がった所から狙います。架線柱や信号機等が入り込みます。また、被りも非常に高い。
乗り換え:山手線

日暮里駅
下り(取手・水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端水戸寄り
順光:午前
レンズ:望遠
被り率:皆無
許容人数:3名くらい
編成に架線柱や橋脚が入り込みますが、長編成も撮影が可能です。正面を重視した構図になる。 被りは無く大きくカーブを描いて入線する所を撮影出来ますが、3〜4両程度しか入りません。正面がメインの撮影にはお勧め。
乗り換え:京浜東北線 山手線 京成本線 日暮里・舎人ライナー

三河島駅
下り(取手・水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
   
  ※階段付近で狭い
  上り(田端操車場方面)※貨物線
  オススメ度:★★★★☆
場所:ホーム先端水戸寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:1名くらい
  田端操車場方面に向かう貨物列車の撮影が可能。階段付近で非常に狭いので、後方に下がって望遠で狙う事になる。

南千住駅
下り(取手・水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:無し
レンズ:望遠
被り率:皆無
許容人数:5名くらい
 
終日逆光なので曇りの日をお勧め。望遠で撮影すると大きくカーブを描いて来る所を撮影出来るが、7両くらいまでしか入らない。 ※前方に障害物がある
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:無し
レンズ:自由
被り率:皆無
許容人数:5名くらい
 
上記の撮影地より広角にて撮影。編成全部は入らないが迫力のある入線シーンを撮る事が出来る。  
乗り換え:東京メトロ日比谷線 つくばエクスプレス

北千住駅
下り(取手・水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:2・3番線ホーム先端上野寄り
順光:無し
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:上りホーム先端水戸寄り
順光:無し
レンズ:自由
被り率:皆無
許容人数:2名くらい
終日逆光で午前中のみ側面に陽が当たる程度。曇りの日をお勧め。手前の線路には待避する列車が入線します。 上野方面ホームの水戸寄りから撮影。駅舎の下になるので正面に影が出来る。
乗り換え常磐緩行線 ■東武伊勢崎線(スカイツリーライン) 東京メトロ日比谷線 東京メトロ千代田線 つくばエクスプレス

綾瀬駅(常磐線各駅停車ホーム)
下り(取手・水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端水戸寄り
順光:午前早め
レンズ:自由
被り率:時々
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端水戸寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:望遠
被り率:時々
許容人数:2名くらい
緩行線ホーム我孫子寄りのエレベーター付近から撮影。架線柱が入り込みます。列車は高速で通過していきます。 千代田線北綾瀬支線の0番線ホームの入り口付近から撮影。架線柱が入り込むがストレートで編成を収められる。
乗り換え:東京メトロ千代田線

亀有駅(常磐線各駅停車ホーム)
下り(取手・水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:望遠
被り率:高い
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端水戸寄り
順光:午前遅め〜午後
レンズ:自由
被り率:普通
許容人数:3名くらい
午前早いうちが順光となる。10両程度なら収まるがそれ以上の長編成になると後方が切れてしまう。 大きくカーブを描く迫力あるシーンを撮影出来ます。冬場はビル影が大きく伸びてしまいます。

金町駅(常磐線各駅停車ホーム)
下り(取手・水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホームやや先端水戸寄り
順光:午前遅め〜午後
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
柵や架線柱などが目立つが、望遠を使えば正面がメインとなる構図で撮影が出来る。 上り線は、間に常磐線各駅停車、貨物専用線路があり遠く離れているので望遠が必要となる。
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:自由
被り率:普通
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:ホームやや先端水戸寄り
順光:午前遅め〜午後
レンズ:自由
被り率:普通
許容人数:3名くらい
上記の撮影地から広角にて撮影。看板が気になるが緩やかなアウトカーブで撮影が出来る。 上記の撮影地より広角にて撮影。10両編成ならぎりぎり入る。サイドを強調した構図で撮影が出来ます。
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホームやや先端上野寄り
順光:午前
レンズ:自由・望遠
被り率:普通
許容人数:5名くらい
 
金町駅の貨物列車留置線(新金線)に停車している貨物や機関車を撮影出来ます。走行時はゆっくりなので、安心して撮影出来ます。  
乗り換え:京成金町線

松戸駅
下り(取手・水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:3番線ホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:2番線ホーム先端水戸寄り
順光:午前
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
終日逆光気味なので曇りの日をお勧め。7両くらいまでしか入らないが、緩やかなアウトカーブを描いて入線して来る所を撮影可能。 午前中順光で、望遠を使うと大きくカーブを描いて入線する所を撮影が可能。架線柱がやや気になる。
  オススメ度:★★★☆☆
場所:2番線ホーム先端水戸寄り
順光:午後
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
  上記の撮影地から広角での撮影。6両編成までしか入らないので、短編成の特急や臨時列車などにお勧め。
乗り換え:常磐緩行線 新京成電鉄

北松戸駅(常磐線各駅停車ホーム)
下り(取手・水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:無し
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端水戸寄り
順光:午後
レンズ:自由・望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
そこそこ有名な撮影地。信号設備が写り込んでしまうが、長編成を直線で撮影が出来る。 大きくカーブを描いて来る所を撮影出来るが、編成全部は入らない。日中順光。

馬橋駅(常磐線各駅停車ホーム)
下り(取手・水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★★★
場所:ホーム中央付近水戸寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:自由
被り率:時々
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★★★
場所:ホーム先端水戸寄り
順光:午前〜午後
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:2名くらい
緩行線ホームの水戸寄り辺りから撮影。上野寄り先端からだと橋の下になるので影が出来やすい。編成綺麗に収められます。 超有名撮影地。日中順光で長編成でも綺麗に直線で収められるが構図は狭い。。珍しいものがある日はかなり混雑します。
オススメ度:★★★★☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:望遠
被り率:時々
許容人数:3名くらい
 
500mくらい先にカーブがあるので突然電車が来ます。長編成でも直線で撮影する事が可能。貨物は中線で手前に停車します。  
下り(武蔵野線方面)※貨物線 上り(上野・東京・品川方面)※貨物線
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端取手寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:自由・望遠
被り率:時々
許容人数:3名くらい
 
武蔵野線方面に向かう列車は、常磐線快速の上下線の真ん中を通る。取手寄りからも撮影が可能。  
下り(取手・水戸・いわき方面)※貨物線 上り(上野・東京・品川方面)※貨物線
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:望遠〜超望遠
被り率:時々
許容人数:3名くらい
 
常磐線土浦方面に向かう貨物列車の撮影が可能。側線で一旦運転停止するので。落ち着いてゆったりと撮影が出来ます。  
乗り換え:総武流山電鉄

新松戸駅(常磐線各駅停車ホーム)
下り(取手・水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:ホーム先端水戸寄り
順光:午前〜午後
レンズ:望遠
被り率:時々
許容人数:3名くらい
アウトカーブでの撮影が出来ます。終日逆光気味なので曇りの日をお勧め。10両編成くらいまでが限界です。 大きくインカーブを描いて来る所を撮影出来ます。架線柱が入り込みますが、10両編成までなら綺麗に収められます。
乗り換え:武蔵野線

北小金駅(常磐線各駅停車ホーム)
下り(取手・水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:望遠
被り率:時々
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★★★
場所:ホーム先端水戸寄り
順光:午前〜午後
レンズ:自由
被り率:時々
許容人数:3名くらい
終日逆光気味なので早朝か曇りの日をお勧め。架線柱が入り込むのと10両編成くらいまでが限界です。 常磐線の超有名撮影地。日中順光で長編成でも綺麗に直線で収められる。前方の陸橋を抜くには望遠が必要になります。

南柏駅(常磐線各駅停車ホーム)
下り(取手・水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★★★
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:望遠
被り率:高い
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端水戸寄り
順光:午後
レンズ:自由・望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
常磐線の超有名撮影地。午前中のみ順光で後は逆光気味になる。前方の陸橋を抜くのには望遠が必要になる。 アウトカーブでの撮影にますが、後方が途切れてしまいます。午前遅めから夕方くらいまで正面順光で撮影可能。
  オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端水戸寄り
順光:午後〜夕方
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
  上記の撮影地より望遠で撮影。インカーブ気味で撮影する事が出来ます。午後遅め辺りから正面と側面が順光。

柏駅
下り(取手・水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:4番線ホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:緩行線ホーム先端水戸寄り
順光:午前遅め〜午後早め
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:2名くらい
カーブになっているので前4両程度しか入りません。すぐ手前に信号設備の箱があるので、望遠で抜く必要があります。 常磐線各駅停車の柏駅2番線ホームの取手寄りからの撮影。直線で撮影出来、正午辺りが順光になる。
オススメ度:★★★☆☆
場所:2番線ホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★★★★
場所:3番線ホーム先端水戸寄り
順光:午後
レンズ:自由・望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
緩行線ホームの上野寄り先端から望遠〜超望遠で狙う。信号機が大きく入ってしまうので、記録程度に。 有名撮影地の一つ。正午辺りから夕方にかけて正面、側面ともに順光になる。長編成も可能。冬場は影が長くなります。
乗り換え:常磐緩行線 東武野田線

北柏駅(常磐線各駅停車ホーム)
下り(取手・水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★☆☆☆
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午前遅め〜午後
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
 
常磐線各駅停車のホームが常磐線より若干下なので、見上げる感じになる。架線柱が多く長編成を全部入れるのは難しい。  

我孫子駅
下り(取手・水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:1番線ホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★★★
場所:6番線ホーム先端水戸寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
前方に信号機がある為、望遠で抜く必要がある。それでも編成全部を入れる事は出来ない。 有名撮影地の一つ。午前遅く辺りから午後にかけて正面、側面ともに順光になる。長編成も可能。冬場は影が長くなります。
オススメ度:★★★☆☆
場所:4番線ホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:6番線ホーム先端水戸寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
結構距離があるので望遠が必要。常磐線の1番線に入線する列車の撮影が可能。信号機や架線柱が沢山入り込む。 上記の場所から特急列車を退避する列車や、成田線からの列車の撮影が可能。距離があるので望遠が必要。
オススメ度:★★★☆☆
場所:2番線ホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:望遠〜超望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★★★
場所:5番線ホーム先端水戸寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:望遠
被り率:皆無
許容人数:3名くらい
2番線に入る成田線や特急待避する列車が撮れます。前方にいろいろ映り込むものがあるので、300mm以上の望遠が必要になる。 常磐線の5番線ホーム水戸寄りから、5番線に入線する列車の撮影が出来ます。超編成も収められます。
オススメ度:★★★☆☆
場所:4番線ホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:望遠〜超望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:5番線ホーム先端水戸寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
4番線ホーム上野寄りから、2番線に入る成田線や特急待避する列車が撮れます。信号機が入り込みます。 我孫子の車庫などから出庫して来て、中線等に入る回送列車を撮影出来ます。何番線に入るかはその時次第です。
  オススメ度:★★★☆☆
場所:2番線ホーム先端水戸寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:2名くらい
  特急等を待避する4番線に入る列車を2番線水戸寄りから撮影出来ます。先端からやや下がって狙うのがお勧め。
  上り(上野・東京・品川方面)※成田線
  オススメ度:★★★☆☆
場所:5番線ホーム先端水戸寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
  成田線から来て2番線に入る成田線折り返し列車の撮影が出来ますが、架線柱が編成後方に隠れてしまう。。
乗り換え:常磐緩行線 成田線

天王台駅
下り(取手・水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★★★
場所:ホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:望遠
被り率:皆無
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:ホーム先端水戸寄り
順光:午後〜夕方
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:2名くらい
被り無くカーブ構図で撮れる有名撮影地。場所もそこそこ広いので、安心して撮影が出来ます。長編成は後方が途切れる。 カーブを描いて駅に進入して来る所を撮影出来ますが、6両編成までしか入らない。夕方頃正面、側面ともに順光になる。
  オススメ度:★★★☆☆
場所:緩行線ホーム先端水戸寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
  緩行線ホームからの撮影。朝と夕方以外は入れません。大きくカーブを描いて入線する所を撮れます。信号機や等入り込みます。
乗り換え:常磐緩行線

取手駅
下り(水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:4番線ホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端水戸寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
距離があるので望遠が必要。土浦・水戸方面に向かう列車を直線構図で撮影が可能。12両までが限界。 取手駅にて退避する列車を撮影する事が出来ます。6両編成くらいまでしか入りません。
  オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端水戸寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
  6両編成までしか入らないが、取手駅に入線する列車を撮影出来ます。前方の陸橋を抜くには望遠が必要です。
オススメ度:★★★☆☆
場所:2番線ホーム上野寄り
順光:午前早め
レンズ:自由・望遠
被り率:普通
許容人数:5名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:上りホーム先端水戸寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
常磐線各駅停車のホームからの撮影。ホームは朝と夕方のみしか入れない。10両編成収まりますが、後方が架線柱に隠れる。 正面を中心とした構図になる。前から5両編成までしか入らないが、取手駅に入線する列車を撮影出来ます。
オススメ度:★★★☆☆
場所:2番線ホーム上野寄り
順光:午前早め
レンズ:自由・望遠
被り率:普通
許容人数:5名くらい
 
上記の場所から4・5番線に入る、取手止まりや待避列車が撮れますが、後方が架線柱に隠れる。  
乗り換え:常磐緩行線 ■関東鉄道常総線

藤代駅
下り(水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:自由・望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端水戸寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
長い直線構図で撮れるので、貨物列車の撮影も可能。陸橋を交わすには望遠が必要になる。 そこそこ有名な撮影地。信号機が入り込みますが、長編成も綺麗に収められます。
下り(水戸・いわき方面)※中線 上り(上野・東京・品川方面)※中線
  オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端水戸寄り
順光:午後
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
  上記の撮影地から、中線に入る列車の撮影が出来ます。貨物や試運転・回送列車の撮影に最適。

佐貫駅
下り(水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
  オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端水戸寄り
順光:午後〜夕方
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
  ややアウトカーブ気味での撮影が可能。前方に踏切の設備がある為、これを抜くには望遠が必要になる。
  オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端上野寄り
順光:午後〜夕方
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
  ホーム全体がカーブしているので、ホームが映り込みますが大きくカーブを描く構図で撮影出来ます。
乗り換え:関東鉄道竜ヶ崎線

牛久駅
下り(水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:自由・望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端水戸寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:時々
許容人数:3名くらい
直線構図で貨物列車などの長編成でも綺麗に収められる撮影地。中線がある為、広々とした感じに撮れます。 カーブを過ぎてからの直線なので、前から8両編成までしか入らない。中線があるので側面も綺麗に写せます。

ひたち野うしく駅
下り(水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★★★
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:自由・望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★★★
場所:下りホーム先端水戸寄り
順光:午後〜夕方
レンズ:自由・望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
緩やかなアウトカーブ構図で撮影できる場所。長編成も綺麗に収められます。後方から発車する列車に注意。 長編成でも綺麗な直線で撮影が出来るそこそこ有名な撮影地。バックに筑波山を入れての撮影も可能。
オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端上野寄り
順光:無し
レンズ:自由・望遠
被り率:皆無
許容人数:5名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:上りホーム先端水戸寄り
順光:午前
レンズ:自由・望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:5名くらい
インカーブで駅に進入して来る所を撮影が可能。7両編成くらいまでしか入らないうえ、架線柱が写り込んでしまう。 被りなく編成を直線構図で収められます。午前中が順光で、12両編成まで入ります。
下り(水戸・いわき方面)※待避線 上り(上野・東京・品川方面)※待避線
  オススメ度:★★★★★
場所:上りホーム先端水戸寄り
順光:午後
レンズ:自由
被り率:皆無
許容人数:5名くらい
  被りなく待避線に入る列車の撮影が出来ます。広角〜標準レンズの範囲で4〜8両編成までの撮影をおすすめ。

荒川沖駅
下り(水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★☆☆
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端水戸寄り
順光:午後〜夕方
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
信号機が入り込むが10両編成までなら後方がカーブ構図になる感じで撮影が出来ます。。 直線で駅に進入して来る所を撮影が可能。貨物列車などの長編成でも綺麗に収める事が出来ます。

土浦駅
下り(水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★★★
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端水戸寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
特急型車両などを手軽に撮影できる有名撮影地のひとつ。10両編成も直線構図で綺麗に収められます。 直線で駅に進入して来る所を撮影が可能。貨物列車などの長編成でも綺麗に収める事が出来ます。

神立駅
下り(水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
  オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端水戸寄り
順光:午後遅め
レンズ:自由・望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
  側面にいろいろと入り込むが、短編成から長編成まで収める事が出来ます。短編成の場合は標準レンズがおすすめ。
下り(水戸・いわき方面)※中線 上り(上野・東京・品川方面)※中線
   
   

高浜駅
下り(水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★★★
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:自由・望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端水戸寄り
順光:午後〜夕方
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
常磐線土浦以北の有名撮影地のひとつ。編成全体を収められますが、長編成収める場合、対向のホームも入ります。 周りに高い建物などが無く、田園風景を走る構図で編成全体を収められます。距離があるので望遠が必要になります。
オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
 
こちらも有名撮影地のひとつ。カーブを描く構図で撮れるが、望遠〜超望遠がないと厳しい。  
オススメ度:★★★★☆
場所:下りホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:自由
被り率:普通
許容人数:3名くらい
 
上記の場所から標準・広角レンズで引き気味に撮影。緩やかにアウトカーブな構図になる。  
下り(水戸・いわき方面)※待避線 上り(上野・東京・品川方面)
   
   

石岡駅
下り(水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:無し
レンズ:自由・望遠
被り率:普通
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端水戸寄り
順光:午後〜夕方
レンズ:自由・望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
終日逆光になるので曇りの日をおすすめ。編成後方に踏み切りや信号関連設備が入り込むが、10両編成収まります。 中線が撤去されて対向の線路とはやや距離がある。編成後方に架線柱が掛かるが、10両までなら収められます。

羽鳥駅
下り(水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
  オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端水戸寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
  対向ホームが結構長く水戸寄りにあるので、望遠が必要になる。信号機等が入り込みますが、10両編成収まります。
下り(水戸・いわき方面)※中線 上り(上野・東京・品川方面)※中線
   
   

岩間駅
下り(水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★★★
場所:下りホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:望遠
被り率:皆無
許容人数:3名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端水戸寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:望遠〜超望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:3名くらい
常磐線の有名撮影地の一つ。正面重視のカーブ構図で撮影出来ます。終日逆光になるので曇りの日をおすすめ。 距離があるので300mm以上の望遠が必要になる。正面重視のカーブ構図だが、架線柱がたくさん入り込みます。

友部駅
下り(水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:2番線ホーム先端上野寄り
順光:午前早め
レンズ:望遠
被り率:普通
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★★★☆
場所:2番線ホーム先端水戸寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:自由・望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
信号機が入り込みますが、大きくカーブを描く構図で撮影出来ます。長編成になると、後方が隠れます。 間に中線2本あるので撮影対象の列車はやや遠くなる。標準から望遠で、長編成収められます。
下り(水戸方面)※水戸線 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★★☆
場所:3番線ホーム先端小山寄り
順光:午前早め
レンズ:自由
被り率:皆無
許容人数:2名くらい
 
小山方面から来る水戸線3番線入線の列車の撮影が出来ます。後方が柵に掛かりますが4両までなら収められます。  
乗り換え:水戸線

内原駅
下り(水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
オススメ度:★★★★★
場所:上りホーム先端上野寄り
順光:午前
レンズ:自由・望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
オススメ度:★★★☆☆
場所:下りホーム先端水戸寄り
順光:午後遅め〜夕方
レンズ:自由・望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
常磐線の有名撮影地のひとつ。先端がやや狭いが、直線構図で編成全体を綺麗に収められます。 すぐ目の前は踏切になります。作例は標準レンズでの撮影ですが、信号機を避けたい場合は望遠が必要。
下り(水戸・いわき方面)※中線 上り(上野・東京・品川方面)※中線
   
   

赤塚駅
下り(水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
   
   

(臨)偕楽園駅
下り(水戸・いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
   
   

水戸駅
下り(いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
  オススメ度:★★★★☆
場所:6番線ホーム先端勝田寄り
順光:午後
レンズ:望遠
被り率:ほとんど無い
許容人数:2名くらい
  6番線ホームから7番線に入る特急列車等を大きくカーブを描く構図で撮れます。10両がぎりぎり入ります。
   
   
下り(郡山方面) 上り(水戸方面)※水郡線
  オススメ度:★★★★★
場所:3番線ホーム先端勝田寄り
順光:午後
レンズ:自由
被り率:ほとんど無い
許容人数:5名くらい
  3番線ホーム勝田寄りから水郡線の列車が撮影出来ます。2〜4両まで側面重視で撮れます。
下り(いわき方面) 上り(水戸方面)※鹿島線
   
   
乗り換え:水郡線 鹿島臨海鉄道大洗鹿島線

勝田駅
下り(いわき方面) 上り(上野・東京・品川方面)
   
   
乗り換え:常磐線・至いわき方面 ひたちなか海浜鉄道湊線
  
サイトトップへ戻る JRトップへ戻る